『佳き経営者 佳き社員を創り
  佳き社員 佳き経営者を創る』

一人ひとりが自分の人生を華やかに彩り、
仕事でもプライベートでもいつも幸せな笑顔でいる
そんな《全員が主人公》な会社を理想としてチャレンジしております。

2012.5.30 放電加工

ダイカストの金型の作り方に

『直彫り(じかぼり)』と『放電加工』があります。

『直彫り』はマシニング機に材料を載せて、プログラムで削っていきます。

実際は材料の硬度や応力そして刃物が届かない等の問題が発生します。

そんな時は『放電加工』の工法を使用します。

120530_100201

3D CADプログラムで銅を製品形状に削りだします。

実際成形時には金型から鋳出された製品は縮むので、

5/1000%ほど大きく銅を製品形状に削りだします。

それが電極と呼ばれるものです。

そして放電機でその電極を使って金型材料にスパークさせて

材料(主にSKD61)を2/100㎜ずつ溶かしていきます。

溶接後の部分修理にもこの放電加工が多用されます。

120530_100501

そのようにしてとても精度の高いダイカスト金型が生み出されます。

カテゴリー

最新記事

バックナンバー

会社概要&アクセス

商号
東陽精工株式会社(トウヨウセイコウカブシキカイシャ)
創業
1963年(昭和38年)11月
所在地
〒537-0001 大阪府大阪市東成区深江北3丁目12番29号
資本金
1000万円
代表者
笠野 晃一(カサノ コウイチ)
従業員数
40名
取引銀行
三井住友銀行 深江橋支店